Blogブログ

【えっ?それ本当?】リーゼ泡カラーの色落ちってどれぐらい?

花王が販売している人気の【リーゼ泡カラー】

この記事を読まれている方のほとんどが、

『リーゼ泡カラーの色落ちってどれぐらいで落ちるの?』

『リーゼ泡カラーとても人気だけどどんな色があるの?』

『リーゼ泡カラーって綺麗に仕上がるの?』

など疑問を持っている方だと思います。

そんな悩みに、美容師目線とお客様目線からアドバイスをさせて頂ければと思います。

これからどうしようか悩んでいる方の参考になればと思います。

縮毛矯正&髪質改善 美容室検索サイト By Good Vibes Hairという全国でもオススメの美髪サロンを探せる美容室検索サイトぜひ皆さんもお住いの近くにある美髪サロン探しに利用してみてください。

リーゼ泡カラーとは

リーゼ泡カラーとは花王が販売しているヘアカラーで、若い子を中心に気軽に自宅で流行カラーを体験できるので大変人気の市販カラーです。

リーゼ泡カラーだけでも22色の色味が展開されており、一般の方でも自宅で美容室で染めたような仕上がりになると言われています。

実際にリーゼ泡カラーの箱に描かれているモデルさんの髪の色を見るととっても綺麗に見えるので、興味をそそられますよね。

そんな泡カラーの中でも人気の色味について紹介します。

リーゼ泡カラーの人気色

リーゼ泡カラーには、ナチュラルシリーズとデザインシリーズとに別れており、ナチュラル系はブラウンをメインにした色味をラインアップに揃えています。

OLさん、学生さんや主婦の方にも利用しやすい色味ですね。

それに比べて、デザインシリーズの方は、美容室で染めたような色味が鮮やかなものが多数揃えられており、アパレル、美容師、ネイリスト、アーティストなど発色が綺麗ではっきりと分かるような色味が揃えられています。

自然な色味で柔らかいカラーならナチュラルシリーズ、カッコイイ色味で他の人と違った色味が良いならデザインシリーズですね。

それではそんな中でも人気の色味を紹介してします。

リーゼ泡カラー(ソフトグレージュ)

一番の人気色グレージュカラー。グレージュカラーは美容室でも大変人気の色味で、透け感のある大人っぽい雰囲気が外国人のような柔らかい質感を表現してくれますよね。

グレージュカラーはブリーチした髪の毛などに入れると、しっかりと寒色系の色味がハッキリと表現できるので、グレージュカラーが好きな人はブリーチ必須です。

リーゼ泡カラー(クールピンク)

冬や春になると人気が出てくるピンク系カラー。ピンク系カラーはツヤ感がアップするのでパサついて見えにくく、女の子らしい雰囲気を演出できますよね。

黒髪に染めてもほんのりピンク色が分かるので、普通の茶髪よりも女性らしく可愛い印象を与えることができます。

リーゼ泡カラー(ディープバイオレット)

バイオレット系カラーは、一般的に黄色味を消してくれる働きをするので、ブリーチした髪の毛などにとても向いています。

赤と青の中間色なので、ツヤ感とクールな雰囲気を一度に体験できる大人の人向けカラーです。

リーゼ泡カラー(ダークネイビー)

こちらのネイビーは、ブルーブラックという方がわかりやすいかもしれませんね。

ネイビーのように青系のカラーはクールな印象を表現しやすく、太陽の下などでほんのり青っぽく透けて見えるのでとてもオシャレに見られやすいカラーです。

ネイビーブラックはかなり人気なようで、指原莉乃さんがコロナ期に使ったことで人気のヘアカラーになりましたね。

もっと詳しく知りたい方はコチラの記事で詳しく解説されてたので参考にしてみてください。

リーゼ泡カラー(ダークショコラ)

一般の方でも利用しやすいダークショコラ。赤っぽい茶色ではなく深みのあるブラウン。

明るすぎず、暗すぎないちょうど良い色味と明るさが上品でエレガントな雰囲気になりますね。

リーゼ泡カラー(髪色戻し)

学生さんや面接など一時的に暗くしたい人に人気の髪色戻し。

こちらは自然なブラウンとブラックの2種類が用意されており、利用する人の用途に応じて分けられるのがイイですよね。

明るくする予定が今後ある人は、ダークブラウン、もうこの先一定期間は明るくする予定が無い人はダークブラウンなどでしょう。

リーゼ泡カラーは痛むの?

これは一般の方が利用する上でとても気になる部分だと思います。

最初に言いますと、リーゼ泡カラーは痛みます。

昔よりもクオリティーはどんどん上がっており、痛みの大きさなども最小限に抑えるように作られているのは事実ですね。

昔の市販のカラー剤は、1度のカラーで髪の毛がバシバシになったりしていた事もあります。

なので、以前に比べるとだいぶマシになったと思います。

市販のカラー剤を使うと痛む原因が2つあります。

  • ダメージ部分に合わせてカラーの塗布ができない
  • 一般の方でも綺麗に染まるようにアルカリ剤のパワーが強く作られている

ヘアカラーをする際に、美容室では、根元の新生毛は少し強め、毛先の部分やダメージ部分は弱い薬で染めたりしています。

ですが、泡カラーだとダメージや色の違いなど関係なく1つの強い薬で全体を染めてしまうのでダメージ部分がとても痛みやすくなります。

また、一般の方でも綺麗な色味が出るように1剤であるアルカリ剤(髪の毛を明るくする力)が強いのも原因です。

泡カラーは一人で染めるのにはとても簡単で楽に染められるのが魅力的な部分ですが、ダメージに合わせて塗布を分けることができないのが難点ですね。

リーゼ泡カラーの色落ちの期間

ではリーゼ泡カラーでカラーするとどれぐらい色がもつのかという事を解説していきます。

リーゼ泡カラーには最初に説明したように、ナチュラルシリーズとデザインシリーズがあります。

ナチュラルシリーズのようにブラウン系の色味であれば、1ヶ月ぐらいもつと思ってください。

もちろん、毎日シャンプーをするたびに色味は薄くなって行くので、最初の状態の色味に戻るのが1ヶ月後ぐらいでしょう。

それとは逆に、デザインシリーズの方は色味の発色が綺麗なカラーが用意されていますが、発色の良い色味というのは色落ちがとても早いです。

アッシュ、グレージュ、グリーン、ピンクなど染めたては綺麗ですが2週間ほどで最初の色味がほとんどわからないぐらいに色落ちします。

なので色の持ちというのは一般的に2週間から1ヶ月ぐらいしか綺麗な状態で色はキープできないという事を知っておきましょう。

リーゼ泡カラーの色味を長く持たせる方法

せっかくリーゼ泡カラーで髪の毛を染めたなら、綺麗な色味を長くもたせたいと思う人も多々いると思います。

ヘアカラーの色味を綺麗にキープするための方法は以下の6つの点に注意しましょう。

  • カラーした日はシャンプーをしない
  • シャンプーの頻度を3日に1回にする
  • 濡れたままで放置しない
  • アミノ酸系シャンプーやカラーシャンプーを利用する
  • アイロンなどの熱処理を使う時は150度以下で
  • 前処理剤などを使用する

ヘアカラーは染めたその日に髪の毛にしっかり定着していません。だいたい2日から3日かけて髪の毛にしっかりと定着するようになります。

なので、カラーした日はシャンプーを避け、3日に一度のペースでシャンプーすると色落ちを防げます。

濡れた状態の髪の毛は色が剥がれやすいので、シャンプー後はすぐにドライヤーで乾かしましょう。

また、カラーシャンプーのように色味を補充できるものや、アミノ酸系シャンプーのようにマイルドな物を使用すると色持ちが長くなりやすいです。

毎日アイロンで巻いたり、ストレートにする人は、しっかりと前処理剤を塗布して使用し、150度以下に設定して使いましょう。

リーゼ泡カラーの使い方

リーゼ泡カラーの使い方を説明します。

①1液を2液が入っているボトルに全て入れてよく混ぜます。

②泡用のキャップに変えて、そこから泡を出して全体に塗布

③根元から毛先に均一にしっかり塗布したら20〜30分放置

④洗い流したら専用のトリートメントで仕上げ

こんな感じで利用するのはとても簡単ですね。カラーをするときは、泡がこぼれ落ちたりしやすいので、汚れても良い洋服屋肩周りにタオルやビニールなど必ず敷くようにしましょう。

カラー中はアンモニアの匂いも充満するので、換気をよくしておくことをオススメします。

リーゼ泡カラーを使う時の注意点

リーゼ泡カラーを使う時の注意点として、自分の髪の毛のダメージをよく考えてから使いましょう。

こういう人はオススメしません。

  • パーマや縮毛矯正を過去にした事があるひと
  • 髪の毛の中間や毛先の色の明るさが違う人
  • アイロンなど頻繁に使っている人

パーマや縮毛矯正などのサービスを過去にした事がある人の髪の毛は普通の人と比べて痛んでいます。

痛んでいると、市販のカラー剤は強い薬剤で作られているので傷んだ部分に色が入りやすく、全体の色がまばらになりやすいです。

縮毛矯正をしている人は、泡カラーをする前にコチラの記事を参考にして見ましょう。

縮毛矯正とカラーについて知っておきたい10の事

なので、ブラウン系の髪の毛の人でも、中間から毛先は色が落ちて黄色っぽく剥がれてきている人なども、その部分だけあからさまにグレーやピンクの色が強く入りすぎたりすると悲惨な仕上がりになります。

アイロンなどの熱も、髪の毛がタンパク質変性を起こしてしまっているので、熱処理をよくする毛先だけまばらに色が入ってしまいやすくなるので注意しましょう。

リーゼ泡カラーのまとめ

リーゼ泡カラーは今人気の色味を自宅で体験できるという点でオシャレな色味を数多く揃えていますが、ヘアカラーは髪の毛のダメージレベルによって色味の出方が変わります。

気軽で安いから利用してみたい人も数多くいると思います。

1000円程度で髪の毛を染めるのをとるか、5000円ほど払って美容院で綺麗に染めてもらうのをとるかの違いですよね。

値段も大きく違うので、安くしたい気持ちもわかります。

髪の色は、ベースの明るさとダメージ度合いで色の出方が大きく変わるので、自分の髪の毛が痛んでいる、また過去に縮毛矯正やパーマした事ある人なら美容室でやってもらった方が後悔しないかなと思います。

1度ダメージした髪の毛は元には戻らないので、後悔しないようにカラーを選びましょう。

髪の毛が傷んでいる人は、日本でも大人気のTokioトリートメントOlaplexトリートメントなど使ってみてくださいね。上記のリンクからもっと詳しい情報が見れるので参考にしてみましょう。

自宅で使用しているシャンプーやトリートメントを使っても髪の毛がパサつきやすかったり、自分にあったシャンプーやトリートメントがわからない人は、一度コチラの記事を参考にしてみるといいですよ◎

傷んだ髪の毛(ダメージヘア)に良いオススメのシャンプー10選

今の髪の毛よりかなり手触りや質感が変わりますよ!

Related posts